上位カードが欲しい時確認する事

一般カードと比べると非常に審査基準の高い上位カードは、少し前までは招待制であったりと一部の人にしか保有できない特別なカードのように扱われていました。 しかし、最近では、招待制から申込制になるなど、比較的入手しやすい環境が整っていますので、上位カードに興味のある人は一度申し込みにチャレンジしてみることをオススメします。

ゴールドカードやプラチナカードへ申し込むためにはまず先に条件をクリアする必要があります。 各条件はそれぞれのカード会社によって異なりますが、条件そのものは常に世間に公開されていますので、それを参考にすることでもっとも条件の厳しいカードと緩いカードを選別することができます。 ただし、いくら条件が緩いといっても最低基準そのものが高いので、年収は高くても年齢が基準を満たしていないといったケースも上位カードの申込審査ではよくあります。 では、条件をクリアできそうになければそれをクリアするまでカードを入手できないのかと言いますと、実はそのようなこともありません。 というのも、確かに一部のエリートしか上位カードは持っていないイメージがありますが、実際には同じくらいの年齢の人や年収の人であってもゴールドカードを持っているといったことはよくあるからです。 なぜ同じステータスであるにも関わらずゴールドカードを持つことができるのかと言いますと、実はカード会社が設けている申込基準とはおおよその目安であり、たとえ基準を満たしていなくても審査を通過できるケースがあるからです。

まずは基準を満たす

例えば、職業が安定している医者や弁護士、経営者であったり、現在勤めている職場が上場一部の会社で年収も700万円あるといったケースの場合、年齢が条件を満たしていなくても社会的な信頼度は高いということで申し込みが認められるのです。 総量規制などでクレジットカードへの申し込みに対してハードルが上がっている今の時代、カード会社はこれまで以上に新規加入者を増やすためにあの手この手の対策を練っています。 そのような背景からか、ある程度の審査基準の漏れについては気にしないケースが多いので、WEBサイトで公開されている基準を満たしていないからといって申し込みを諦めるのは勿体なく、一度試しにチャレンジしてみることをオススメします。 申し込むだけならば無料できますし、たとえ審査に落ちたとしても特にデメリットが生じるといったこともありません。 反対に、運良く審査に通過すると、その日から上位カードの保有者としての生活を送れるようになり、上位カード保有者ならではの高待遇なサービスを無料で受けられるようになるので、申込側にとっては大きなメリットになるのです。 そのため、上位カードの審査を通すためのコツは、失敗を気にしないことになります。もちろん、申し込みにあたっては社会的な信用が物を言うので、既に他社カード会社に対して借入があるのであれば先にそれを完済させておきましょう。信用を落とすものを減らし、事前完済することでかえって社会的な信用度が高くなり、カードの入手に成功しやすくなります。